三原舞依はどんな病気?コーチやフィギュアの成績など経歴も!

この記事は2分で読めます

三原舞依

フィギュアスケートも最近では

日本の選手が上位にいるのが

当たり前のような感覚で

見られるようになってきましたね!

 

荒川静香選手がトリノオリンピックで

金メダルを獲得し、

羽生結弦選手がソチオリンピックで

金メダルを獲得した後も、

後進の選手は続々と育ってきています!

 

そんな若手で期待の持てる選手の1人が

三原舞依選手です!

三原舞依選手とはいったい

どんな選手なのでしょうか??

難病と戦っているって本当?

Sponsored Link


 

三原舞依選手のプロフィール

三原舞依

  • 名前: 三原舞依(みはらまい)
  • 生年月日:1999年8月22日(17才)
  • 出身地:兵庫県神戸市
  • 血液型:A型
  • 学歴:神戸市立飛松中学校 ⇒ 兵庫県芦屋高等学校在学中

 

三原舞依選手は小学校2年生の時に

浅田真央選手のスケートを見て

感動したことをきっかけに

フィギュアスケートを始めました!

 

そんな浅田真央選手の後を

追いかけながらも、

ポスト浅田真央を誰が担うのかという

熾烈な争いは既に始まっています。

Sponsored Link


日本の選手がフィギュアスケートで

名をはせるようになってから

まだ日は浅いですが、

そんな中、新星のように現れたのが

三原舞依選手でした!

 

2013年プランタン杯の

ノービスクラスで優勝を

飾ったことを皮切りに、

アジアフィギュアハイの

ジュニアクラスで2位、

全日本ジュニア選手権で2位に入るなど、

メキメキと力を発揮してきました。

 

そして、2015年ガルデナスプリング杯で

ジュニアクラスでの優勝、

アジアフィギュア杯のシニアクラスで

優勝するなど、

これからのびていく選手だと

期待されていたさなかに

若年性特発性関節炎(若年性リウマチ)

を発症し入院しました。

 

まだ完治していない中、

出場した2016年のネーベルホルン杯では

優勝を飾りました!

 

三原舞依選手は、アクセルを除く

5種類のトリプルジャンプを

跳ぶことができます。

 

コンビネーションでは、

3回転ルッツからの3回転トウループ、

そして3回転フリップといった流れや、

3回転トウループから3回転トウループ、

2回転半アクセル、

3回転トウループといった技を

成功させてきています。

 

そして、2015年

JGPJ&Tバンカフリーではステップ、

スピンでレベル4を獲得するなど、

メキメキ力をつけてきている選手です。

 

 

若年性特発性関節炎(若年性リウマチ)とはどんな病気?

16歳以下の小児期に発症する

原因不明の慢性関節炎のことです。

 

日本での有病率は10人/100,000人、

発症率は年間1人/100,000人という

珍しい病気です。

 

全身型と関節型という分類があり、

三原舞依選手は完治せずとも

大会に出場しているということは、

関節型の方なんでしょうかね。

 

関節型は10歳以上の女子に

よく見られる症状とのことでした。

 

 

コーチについて

中野園子

そんな三原舞依選手のコーチは

中野園子コーチですが、

中野園子コーチは坂本花織選手も

育成しており、

指導実績も確かなコーチです。

 

そして、スケートの講師として

活躍されるとともに、

日本フィギュアスケーティング

インストラクター協会の理事も

務めています。

 

もともとジュニアの指導に熱心で、

中野園子コーチの元を離れると

不調になるということからも、

コーチとしての実力がうかがわれますね。

 

先日のアメリカ合衆国で開催された

国際競技会では、

浅田真央選手や村上佳菜子選手を

おさえて3位に入賞するなど、

頭角を現してきています。

 

今季、どれだけ成績を

残していけるのかが

楽しみな選手ですね。

 

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 高桑早生
  2. ウルフアロン

楽しく視力を回復させるってホント!?
健康グッズ・矯正グッズ部門
第1位!

重い家具も簡単に運べちゃう!?
最近話題の驚きアイテム!

美女アスリート特集!

坂口佳穂、前田彩里、永井優香、安田由紀奈、山本美憂など、美女アスリートをご紹介!

かっこいいミュージシャン特集!

ビジュアル演歌歌手の最上川司を始めとしたかっこいいミュージシャンをご紹介!